夢想の地層を、時が剥がしていく。

f0345230_21152633.jpg
有元利夫さんのポストカードを並べて見ました。
私が大学生の時に、講師としていらっしゃいました。
直接の指導とかは、あまり無かったんですが、京都に修学旅行で1週間ほど御一緒しました。

彼は正当な技法を無視しても、表現したい質感を追求していました。
その結果として、今はかなり絵の具が剥落しているものもあるようです。

現代作家の多くが絵の具の性質を無視して製作することが多い。
絵を描く場合は、油性と水性の問題だけでも注意することが必要だと思います。

有元さんは時間の堆積を表そうとしたので、剥落することは想定内なのかも知れませんけど。


[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-21 21:36

美を学びて、楽を離れず。


by nkenji3214