両作品ともプラダが関係あるところが共通。

先日、なんとなく今まで興味がないと思っていた映画、「キューティー・ブロンド」と「プラダを着た悪魔」というタイトルのものを観た。

2つとも、女性の自立というテーマですが、映画としては「キューティー・ブロンド」が良かった。
シンデレラ物語的な夢物語でも、色んな要素も組み合わされていて面白い。
「プラダを着た悪魔」は誇張はされているが現実的で意外性は無い。

「キューティー・ブロンド」の内容は簡単にいうと、
憧れている男から、ブロンドはバカっぽく見えるから、とフラれた女子が、ヨリを戻す為に同じ大学に入って勉強するうちに、その男がバカっぽいのに気づき、男をフルってお話です。
でも今は、こんなことが普通になってるような気がするね。

これって、おとぎ話のようでいて現実的な話です。

[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-24 04:27

美を学びて、楽を離れず。


by nkenji3214