人形の乳房のように、ただ美しいだけ。

f0345230_21184901.jpg
変なトリミングですが、スルバランの「聖女アガタ」の油彩画です。
1980年開催の「ベラスケスとその時代展」にて購入した額絵です。

トレーに乗せているのは、自分の乳房で、切り取られて殉教した象徴です。
そんな事は微塵も感じさせない端正な佇まいです。

スルバランはベラスケスと同時代ですが、まだルネッサンスの香りが残っているような気がします。
筆のタッチがそんなに目立たないし、肌も硬質な感じが人形みたいで好きなんです。



[PR]
by nkenji3214 | 2018-06-25 21:39

美を学びて、楽を離れず。


by nkenji3214