画家の野外スケッチが,遊びだった時代があった。

f0345230_19554532.jpg
ジャン=オノレ・フラゴナール作「ヴィラ・デステの庭」部分。
ロココ調の享楽的な画風で有名な彼の風景は,ロイスダールを想わせるような崇高さがあります。

修業に身を入れずに野外スケッチばかりしていたといわれているが,それが修業では無かったのかなあ。
その頃の画家の修業って何だったんだろうね。

注文されるものが,貴族趣味の華美なものとか,権力を見せびらかすものに嫌気がしていたのか。
彼は時流に取り残されて,貧しく死んだと書かれている。

でも,亡くなった時は,ルーブル宮殿内の住居兼アトリエだったという,羨ましいけどね。


[PR]
by nkenji3214 | 2018-11-16 20:17

美を学びて、楽を離れず。


by nkenji3214