ラフスケッチが得意だから,成功した壁画家。

f0345230_19575379.jpg
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ作「花嫁を運ぶアポロ」部分。
天井壁画なんですが,雲とか空の扱いが雑な感じがする。
ティエポロの絵はいつも空間の抜け方があっさりしているんだけど,どうなんでしょう。

ロココの甘美な様式の代表のティエポロですが,チョット何処がいいのかわかりません。
その頃の壁画とかはコンペで競うために,完成予想図の油彩スケッチを提出することがあったようです。
なんかカンプライターみたいな描き方になるのは,そのスケッチの延長だからでしょうか。

でも,彼のスケッチから完成された絵画を見ると,スケッチのほうがいい感じなので,コンペに勝ちやすいタイプだったんですね。


[PR]
by nkenji3214 | 2018-11-17 20:28

美を学びて、楽を離れず。


by nkenji3214