見る目が無いとか考えなくても,美は感じる。

f0345230_21272244.jpg
ジョシュア・レイノルズ作「シドンズ夫人の肖像」部分。
レイノルズは作品によって,かなり画風が変わっているように見える。
美人を描くのはかなり得意と思われます。

美人を描くと絵としては俗っぽくなるのは仕方のないこと。
でも彼の絵は,かろうじて踏みとどまっている感じです。

格調が有りながら型にはまらないと言われるレイノルズは,アカデミックな美術の基礎教育をうけていないらしい。
デッサンが弱いって書かれているが,そうは見えないのは私の見方が弱いからでしょうか。



[PR]
by nkenji3214 | 2018-11-20 23:22

美を学びて、楽を離れず。


by nkenji3214