2018年 07月 07日 ( 1 )

f0345230_19595692.jpg
レンブラントの2011年開催の「光の探求/闇の誘惑」展のカタログのページ。
ドライポイント「3本の十字架」の刷りが違う2枚、ルーブルと大英博物館の所蔵のもの。

版画は刷りによって違う感じになる、特に銅版画はインクの拭き取り具合が重要。
色んな材質の布とか手のひらで拭うとかで、ニュアンスが出てくるから。

刷る紙も重要だけど、レンブラントは和紙も使っていたらしいね。


[PR]
by nkenji3214 | 2018-07-07 20:12

美を学びて、楽を離れず。


by nkenji3214