<   2018年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

f0345230_20095581.jpg
今は毎日、朝のブログと夜のブログを書いていますが、そのヒントというか頭の片隅に、この本がありました。
「朝の目覚めに贈る言葉」「夜眠る前に贈る言葉」はOSHO(和尚)というインドの宗教哲学者の本。
日本ではインドといえばサイババが有名だったけど、著作者だとこちらのほうが有名だと思う。

朝の思考回路と夜の思考回路は、違ってくるから、朝だけの考えだと偏ってくるような気はする。
私の場合、特に適当に思いつくままに書いているので、変わってくると思うからね。


[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-30 20:25
今日はとっても過ごしやすい気候でした。
世間は連休とか、のんびりした気分だなあ。

なんか静かで世界が止まっているような錯覚がしてきた。

[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-29 22:55
f0345230_19292595.jpg
今日、図書館でもらった読書手帳、読んだ本を記録するために作ったらしい。
100冊を記録できるので、一年くらいはかかるかな。

色々と展示の企画したりと割と頑張っているんですよ、小松市立図書館。
私は、近くの支部の小松市立南部図書館を利用してますけどね。




[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-28 19:56
f0345230_21323318.jpg
これは、「恐竜学入門」というパノラマ絵本。
4面の絵柄が重なっているので、かなり立体的に見えます。
飛び出すというより、奥行きが出来る絵本かな。

こんなアナログな3D感も、実際に立体感があるから、イイと思うんだけどね。


[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-27 21:44

いい夢見たいね。

今夜は、そんなに書くことが浮かばない。
というか、すごく眠くなっている。

それではお休みなさい、眠ります。

[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-26 22:36
f0345230_19154247.jpg
昨夜に引き続き、坂崎乙郎の「幻想芸術の世界」、幻想絵画の入門編です。

坂崎乙郎が絵画を分類するのに、
具象絵画、抽象絵画、そして幻想絵画と分類している。

幻想絵画って分類するのは不思議な気がするけど、私もそう思う。
具象、抽象もある限度を超すと、幻想に至るということもあるような気もする。

でも、幻想って捉えづらい言葉だね、まぼろしだからね。


[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-25 19:26
f0345230_20365791.jpg
これは坂崎乙郎の「鏡の前の幻想」、影響を受けた美術評論家の1人です。

表現の巧みな美術評論を読んで困ることの1つに、原画を知らないで読んでいただけで想像していると、原画を見た時にガッカリすることがある。
それは想像していたほうが良かったということが多いということ。

若い頃はそれが多かったのは、絵を絵柄だけで見ていたからだろう。
絵画も陶磁器などと同じに質感を持った物体ということに気づいていなかった。

今は想像を超えた実物もあることがわかってきた。
古典絵画の美しさは、琥珀と同じような天然樹脂の輝きがあるからね。





[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-24 21:02
先日、なんとなく今まで興味がないと思っていた映画、「キューティー・ブロンド」と「プラダを着た悪魔」というタイトルのものを観た。

2つとも、女性の自立というテーマですが、映画としては「キューティー・ブロンド」が良かった。
シンデレラ物語的な夢物語でも、色んな要素も組み合わされていて面白い。
「プラダを着た悪魔」は誇張はされているが現実的で意外性は無い。

「キューティー・ブロンド」の内容は簡単にいうと、
憧れている男から、ブロンドはバカっぽく見えるから、とフラれた女子が、ヨリを戻す為に同じ大学に入って勉強するうちに、その男がバカっぽいのに気づき、男をフルってお話です。
でも今は、こんなことが普通になってるような気がするね。

これって、おとぎ話のようでいて現実的な話です。

[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-24 04:27
昨夜の有元さんとの修学旅行は、研究科の時で、桂離宮とか、修学院離宮とか、京都中心の庭園めぐりでした。
学部の時の修学旅行は、奈良中心で2週間ほど、お寺と仏像ばかり見学しています。

その頃はそれほど思わなかったけど、今想うといい経験になっているんだろうね。
でも本当に感動していたら、今とは違った道を歩いていたはずでしょうね。

[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-22 21:47
f0345230_21152633.jpg
有元利夫さんのポストカードを並べて見ました。
私が大学生の時に、講師としていらっしゃいました。
直接の指導とかは、あまり無かったんですが、京都に修学旅行で1週間ほど御一緒しました。

彼は正当な技法を無視しても、表現したい質感を追求していました。
その結果として、今はかなり絵の具が剥落しているものもあるようです。

現代作家の多くが絵の具の性質を無視して製作することが多い。
絵を描く場合は、油性と水性の問題だけでも注意することが必要だと思います。

有元さんは時間の堆積を表そうとしたので、剥落することは想定内なのかも知れませんけど。


[PR]
by nkenji3214 | 2018-04-21 21:36

美を学びて、楽を離れず。


by nkenji3214